ミレちゃんお手入れ

ミレルのお手入れの話の前に、私のこと。

今日は術後2ヶ月検診でした。
経過は良好でエコーで見てお腹の中はキレイで、
中の傷口も外の傷口もキレイで、出血は一滴もなく、
お腹も痛くないし、すこぶる体調がいいです!
手術する前はお腹に重い石が入っているような感じだったのに、
嘘のように軽くなって、疲れにくくなって元気いっぱいです!
本当、手術して良かったです!
という事で先生の術後フォローも終了!根治となりました!
ご心配、応援下さった皆さま本当にありがとうございましたm(__)m


さて、
ミレルのお手入れはシャンプー、耳そうじ、歯磨きなどは家でしていますが、
肛門腺絞りや爪切り、足裏バリカン、部分カットなどを1ヶ月弱おきにトリミングサロンでお願いしています。

このサロンに通い始めて2年くらい経つかな?
すっかり慣れていい子にしているようです。

お手入れ終わってお迎えに行くと、いつもこんな感じで待ってます。
何かこの日は私に気付く前から立ってたよ(^▽^;)。。
サロンのお姉さんも皆さんとても優しくて、お尻のポッチを見つけてくれたり、カットもお上手です。

シャンプーもお願いしちゃおうかな?とも思うんですけどね。。
家では触られたくない箇所を触ると咬んだり、ドライヤーの風でスクラッチングが起きたりするので、
トリマーさんにはどうだろう?と不安があります。トリマーさんならやらせるのかな?
ん~。。やっぱりミレルにとってはサロンはストレスだろうから、自分で出来るうちは家でやろうと思います。

でもね、、、、



お見せするような物じゃないですけど、、、、



先日はエルビスの毛を洗おうと触ったらキャンディが咬まれました。
DSCN5364.jpg
これでも流血しないだけましになったのよー。がっつり歯型ついてるけどね(;^ω^)


フルオキセチンは毎日かかさず飲んでますし、イレギュラーな事をする時の前にはジルケーンも飲ませています。
でも、こういう咄嗟の攻撃行動は、お手入れ時やご飯をあげる時にまだあるのです。
ミレルとしても本意ではなく、瞬時の強い興奮を制御できるほどのセロトニンがないんだと思います。
そんな時、私達はミレルを二重人格のようにも感じています。
ミレルのセロトニンはやっぱり枯渇してるんだなぁ~。。
虐待に値する環境で生まれ育ったのが原因。

それプラス空洞症もあるから感覚異常でカキカキ→イライラする。
脊髄空洞症の原因はキアリ様奇形。これも生まれつき。



でもね、こんなミレルだけど一日のほとんどはご機嫌でお利口でいい子でかわいいんですよ~
ブラックミレルよ、ずっと眠っててね!




関連記事
Category: お手入れ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する