FC2ブログ

通院記録 2018/6/8 お尻・街の病院へ

地元の病院で肛門腺破裂と言われ、塗り薬と抗生剤を飲ませているミレルですが
6/8 再び出血。

場所が肛門腺の位置でないこと、破裂するほど溜まってなかったこと、地元の先生は摘出手術は出来ないのでするなら得意な先生にしてもらってと言ってたこともあり、
この際、街の病院へ連れて行ってみることに。

お尻のトラブルの経緯は、一番最初は2017年11月から始まっているので、箇条書きにして先生に提出しました。
img003_20180611000838eac.jpg

街の先生の見解は、
肛門腺破裂ではない。肛門の粘膜部分が炎症していて厚くなっている。
明かな腫瘍などがない(腫瘍があれば腫瘍とそうでない部分の境界線がはっきりわかるはず)
直腸・肛門指診は異常なし(出血もなし)
なので、投薬で良くなるか?良くならないか?みていきましょう。
薬で治らなければ悪い物である可能性があるので更に検査。
と、なりました。

塗り薬は地元の先生の出した物を継続。
飲み薬はプレビコックス(NSAIDs)+胃薬になりました。
(8日分)

地元の先生は感染予防に抗生剤。
街の先生は消炎ってことでしょうか。

エヌセイズも強い薬だからちょっと心配でしたが、今のところ副作用などは出ていない様子。
お尻はまだ赤みがありますが、出血はなし。

スッキリ治りますように。




関連記事
Category: 病院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する