FC2ブログ

通院記録 2019/1/22 お試し診察

ミレルのかかりつけは、歩いて行ける地元の病院と、
高速使っても車で50分はかかる街の病院があります。

・予防接種や、ちょっとした下痢や吐出、肛門絞りや目薬購入などは地元の病院で。
・ある程度大きく設備の整った街の病院では、トレーニングや、大学病院への紹介状を書いてもらったり、
プレガバリン、アミトリプチリンのお取り寄せ(現在は服用してない)、心臓のエコーなど。
・その他、二次検査や専門医などへは必要に応じて行く。という感じ。

あちこちの病院へ行くより、一つの病院でじっくり。のが良いのかもしれないけど、
オールマイティ何でもお得意な獣医さんなんていないし。
人間と同じようにペットも近くのかかりつけ医と大病院・専門医を使い分ける時代になってると思います。
幸いなことに、関東在住で動物病院は選びたい放題たくさんあって、ミレルも車酔いもしないし。


前置きが長くなりました。
今日はお試しに診察をして頂いた病院は、2年前くらいに一度夜間救急で診て頂いたことのある病院。
救急は、夜に咳が続いて何か誤嚥したのかも?と心配だったので診てもらったのでした。一過性だったようで、翌日には元気になったのでした。

何故またこの病院を訪れたかと言うと、街の病院を転院しようか?と考えているからです。
ミレルは病院が苦手です。逃げ出そうと大暴れしちゃって診察出来ないこともあったし、すごいパンティングしちゃって可哀想だったり、うんちもおしっこも漏らしちゃったりもあります。
少しづつ慣らせてだいぶマシにはなっていますが、どうも街の病院が一番苦手です。

今日、診察してもらった病院はモールの中にあって、お買い物やカフェでよく来てるし、
あんまり病院っぽくない雰囲気のまま通えるかな~♪という目論みなのです。
どんな先生がいるのかな~?という興味もあり^m^
予約はしてませんでしたが、夜間の時のカルテも残っていたし、診て頂けるとのことで、
最近、気になっている歯茎の腫れを診てもらいました。

若くイケメンな先生でした。
ミレルはやっぱり診察台の上でバタバタして飛び降りちゃう勢いでしたが(^_^;)
7.8kg

主訴を伝えて、ミレルは抱っこの状態で診てもらいました。
右の下の奥歯の手前の小さい歯の根元にぷくっと何かがあります。
色は赤くはなく歯茎より少し白く、歯茎が腫れてるようにも見えるし出来物のようにも見える。
先生はすぐにここですね~。と見つけて、説明してくれました。
歯茎に出来る物で怖いのは腫瘍性の物です。悪性と良性があり検査しないと分からない。
悪性の場合は急激に増殖する(2週間くらいで倍以上とか)ザクロ状にゴツゴツしてる物が多い。
良性でもエプリスも増殖が速い。
ミレルのぷくっとしてるのは丸っこくて、約3mm程度。
歯肉炎、膿か?腫瘍か?は見ただけじゃわからない。
試しに針を刺して成分を顕微鏡で見ることもできるけど、初めての診察でそれは可哀想。
(針を刺したら膿が出て治療終了になるパターンもあるそうだが)
なので、とりあえず歯肉炎によく効く抗生剤(ビルデンタマイシン)を1週間飲んでみて経過観察。となりました。
これで小さくなれば膿だったってことだし、大きさが変わらなくてもそのまま経過観察で良いと。
大きくなるようなら再診で。となりました。

ミレルも今年7歳になるので、そろそろ歯石取り(スケーリング)をした方がいいか?も相談しました。
年齢の割にはキレイ。だけど少し歯石が溜まり歯茎が後退してる部分がある。
一度リセットする意味でスケーリングしても良いかも。歯科専門医の先生に伺うと、人と同じように一年に一度はスケーリングした方が良い。心・腎疾患など麻酔リスクの高い場合はどうするか?と伺っても迷いなくやる!と仰っていたと。
だけど、一般的にそこまでやるのは現実的ではないと思うので、歯石が溜まってきて症状が出たらその時に、一生に1度か2度程度でいいでしょう。とのお話でした。
ミレルの場合、今回のぷっくり次第でスケーリングの話を進めるかどうか考えようとなりました。
ぷっくりが残ってればその時切除して病理に出す。
どうせやるなら心雑音出る前にやりたいよね~。ってのもあるので。

**参考写真**
2014年12月 犬歯が破折した時の写真
20141202223440f2a_2019012223323684d.jpg

現在の同じ箇所
IMG_4749_2019012223340129f.jpg

残念ながらぷっくり部分は下で嫌がって一番磨きにくい見せてくれない場所なので写真撮れず。。
引き続き歯磨きは頑張ります!

で、診察お試ししてみて感想は。。
いいかもなぁ♪でした。ミレルは夜間に来た時はもう大暴れでしたが(その時の先生との相性が悪かったのもある)
今回は落ち着いて診察させるほどじゃなくても、ミレル的に頑張れる感じだったのではないかと。
先生もお若いけどいいなと思ったとこがいくつかある。
・キアリ様奇形・脊髄空洞症について知識があった。
・常同行動についても知識がありフルオキセチンを処方した事もあるとおっしゃっていた。
・聴診はとても大切で心雑音は聞き逃してはいけないが、
ミレルは今のとこ心雑音は全く問題なし!と自信を持って言ってくれたこと。
(キャバリアだから最初からステージAだし。。とかいう先入観ありありで心配性飼い主なので(;^ω^)
また、
・立地・設備が良い
・獣医さんがたくさんいる。循環器の先生もいるし。
・夜間救急もある

って事で、ここが新しい街の病院になりそうです。









関連記事
Category: 病院

コメント

No title

きゃばりこさんの所でも歯の話を読みましたが、人間と同じで、ある程度の年齢になると避けられないんですね;
歯石取りとか、歯科関係…

ぽちゃこも病院苦手です。
クリニックが見えてくると、「ひーんひーん」と鼻泣きが始まります。
入ってからは、ずっと泣いてます。
診察室に入って診察台の上に乗ると、おとなしくしてることが出来ません。
ぐるぐるジタバタしてしまうので、先生と看護師さんと飼い主で押さえつけて診察とか注射とか…
ぽちゃこはカッと目を見開いて、硬直しています。
毎回こんな感じ… は~(´・ω・)

2019/01/24 (Thu) 07:39 | ぽちゃこ母 #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

☆ぽちゃこ母さま
ちゃんと歯磨きしてても歯周ポケットに歯石が溜まってしまうのは人と同じようですね。
ただ犬は人のように虫歯にはなりにくく、歯周炎、歯肉炎、が多いようですよ。
口内の悪い細菌が体に入って糖尿病や心臓病って話もありますしね。
だからと言って、歯磨きしても無駄ってことはないので、地道に続けるしかないですよね。
ミレルも未だに歯磨き大嫌いですよ(T_T)無理矢理やろうとすると咬むので。。。。
騙し騙しですが、嫌々ながらも習慣化は出来てきました!

スケーリングはまだ正直悩んでいます。スケーリングしても結局また歯石は着く、むしろスケーリングした後の方が着きやすいという話も聞くのでね。タイミング次第かなぁ~。。
ぽっちがなくなれば、まだ先でいっか~!みたいになるかもだし(;^ω^)

2019/01/25 (Fri) 02:03 | チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する